商品情報 お問い合せ/加工テスト 技術情報 ニュースラインアップ 株式会社プライオリティについて
   


このページでは展示会、その他の最新情報を逐次掲載いたします。


次世代製造技術に挑む
モノづくりマッチングJapan2017
 
期 間
場 所
ブースNO

東京

11/29(水) 〜12/1(金)

東京ビックサイト

東7ホール
モノづくり要素技術展

本展は終了しました。多数のご来場、ありがとうございました。

●主催:日刊工業新聞社 
●後援:経済産業省
※入場料 1,000円 ※招待券持参者及び事前登録者は無料
詳細 → http://biz.nikkan.co.jp/eve/match/


 TEL
 03-5744-7891
 FAX
 03-5744-7893
 e-mail
 こちらのメールフォームをご利用ください


「バリ取り大学」が開講します。 〜バリを制する者がものづくりを征する。
バリ取り・エッジ仕上げ大全

金属加工の現場にかかわる方々の目で、バリ取り、エッジ品質、仕上げに関する基礎的・実務的セミナー等サービスの開発・提供に貢献。
開催場所は、JR東京駅隣接の関西大学東京センターです。詳しくは以下のホームページをご覧下さい。

http://deburring-u.com/

 

「バリ取り・エッジ仕上げ大全」にプリティックの事例が掲載されました。
バリ取り・エッジ仕上げ大全 磁気研磨機の章では。ほとんど弊社のプリティックが引用されておりました。
 

 

プリティックドラムが第19回大田区中小企業・新技術コンクールにおいて優秀賞を受賞しました。

高さ方向に弱い磁気研磨機のマイナス面を、回転ドラムを斜めにして解決するだけでなく、さらに性能を高めるアイデアが認められました。


プリティックドラム

製品概要

磁気研磨機は様々な金属素材で加工された自動車部品・医療部品・通信機器等のバリ取り仕上げ加工や精密研磨など面粗さの向上等に使用されてきましたが、更に高度の仕上がりと量産が可能なタイプを開発しました。
磁気研磨機はメディア(磁性ピンメディア)がよりよく動く事がバリ取りと精密研磨の精度を上げる為の条件でもあります。従来の磁気研磨機はメディアの動き が高さ方向に弱く研磨容器の底から10pほどが限界でした。そこで本機の研磨盤の位置を斜めに設定させ、磁気研磨機本体を傾斜させ、更に傾斜してセットさ れた研磨槽内の容器も回転させることでデッドゾーンを解消し、メディアの動きがより活発になることで、磁気研磨機の性能を高めることが出来ると考えまし た。

 

 

 
 
MAIL INFO